新宿区では医療関係の税務に強い税理士が多いということを発見

税理士さんというのは何をする仕事なのかと聞かれれば、私は「税の専門家でしょ?」と答えると思います。それが税理士のイメージのすべてでした。 もっと詳細に書けば、税金関係の悩みに困っているすべての人の味方であり、とにかく税に困ったときは最寄りの税理士を頼ればいいんだと思っていたのです。

でも、それは少し不正確な理解だったかもしれません。税理士を利用するときには他にも気にした方がいいこと、知っておいて損はないことがあるということに気づきました。

新 宿区で評判の税理士を探すには?、というサイトを拝見したのです。このサイトに書かれていることは、そのタイトルの通り、新宿という土地における税理士の 探し方や特徴などが書かれているのです。新宿という土地にも税理士というスペシャリストにもさほど詳しくない私からすると大変おもしろい情報が書かれてい たように思いました。

そして、その中でも特に発見だと思ったのは、このサイトで書かれていた、「新宿区の税理士の強み」とも言うべき、この土地の税理士の特徴だったのです。サイトに書かれているのは、「ここでは医療関係に強い税理士を見つけやすい」ということです。

このことを言われてピンとくる方は、きっと税理士業務にお詳しい方か、すでに必要性があって税理士を使ったことのある方か、そのあたりの方になるのでしょうね。私などは最初、まったく意味がわかりませんでした。

サ イトによれば、新宿区には病院が多いとのこと。病院という組織においても税務というのは発生し、当然それは税理士に依頼・相談されることもありますよね? そんな病院が多いという地域に事務所を構えている税理士の中には、当然医療関係の税務に強い税理士も多いというわけです。したがって、新宿という土地で税 理士を探すのであれば、医療関係の税務に強い税理士を探すこともできるということにもなります。

これらの事実ですが、お恥ずかしいことに私には発見の連続でした。先にも述べたように、私は税務というのはどれもこれも一緒のものであり、その専門家たる税理士さんに依頼さえすれば、どのような税務であってもたちどころに解決するイメージが強かったのです。

しかし実際はそうではないのですね。業種によっても発生する税務には若干の事情の違いがあり、当然税理士さんの側でも自身が得意とする分野に違いがあると。言われてみれば納得の話でありました。

税理士にも得意不得意の分野があるということ、そして新宿という土地に限れば「医療関係」に強い税理士さんを見つけやすいということ、これらのことが非常によくわかりました。